LangDrawマニュアル

LangDrawとは、英文構造図を作成するためのWebアプリケーションです。

このドキュメントではLangDrawの使い方を説明します。

利用環境

LangDrawの動作確認はGoogle Chromeで行っています。LangDrawのご利用にあたっては最新版のGoogle Chromeを推奨しています。

基本的な使い方

  1. LangDrawにアクセスします。 https://langdraw.pep-rg.jp/

  2. 必要であればGoogleアカウントと連携できます。

    • Googleアカウントと連携することで次のことが可能になります。

      • 修飾子ボタンをGoogle Driveに保存できます。

      • 作成した構造図をGoogle Driveに保存できます。

  3. テキスト入力モード(Text Insert Mode)で構造図の元になる英文を入力します。

  4. 記号入力モード(Modifier inserting Mode)で英文に記号をつけます。

  5. 必要であれば矢印入力モード(Arrow Editing Mode)で矢印を入力します。

  6. 作成した構造図を画像ファイル形式(PNGまたはSVG)で保存します。

新しいボタンを追加するには

  1. 「修飾子の管理」ボタンから「修飾子群の管理」を起動する

画面上部の「修飾子の管理」をクリックして、「修飾子群の管理」を起動します。

2. ボタン名や表示テキストなどの情報を入力する

修飾子の新規作成、既存の修飾子の編集、複製のいずれかを選択し、修飾子の具体的な設定を行います。

設定は、Span(修飾子全体を囲む線の有無、形状)、Mark(修飾子の表示テキスト、その位置)、In mark(入力テキストの上下左右に表示する修飾子の設定)の3つに分かれています。サンプルで表示を確認しながら調整し、「修飾子の保存」で変更を保存します。

不要になった修飾子は削除することができます。

3. パレットにボタンが追加される

保存された修飾子はパレットにボタンとして表示されます。パレット上のボタンはドラッグ&ドロップで順番を入れ替えることができます。