使おう!ICT‎ > ‎

キーボードを使いこなす

タッチタイプの練習方法

タッチタイプとは、キーボードを眼で見ずにタイピングする技術のことです。タッチタイプは練習次第で誰でもできるようになります。タッチタイプを習得するとパソコンを使った作業が非常に効率よく行えますので、練習を重ねてぜひ身につけて下さい。

タッチタイプを身につけるには、専用の練習ソフトを使ってじっくり取り組むのが近道です。ネット上には無料で利用できるタッチタイプの練習ソフトやWebサイトがたくさんあります。ぜひ利用しましょう。

便利なショートカットキー

ショートカットキーとは、キーボードを使ってパソコンの操作を簡単に行う機能です。ショートカットキーを覚えるといちいちマウスに手を伸ばす頻度が減りますので、パソコンでの作業を大幅に効率化できます。

Windowsで使える主なショートカットキーは以下のとおりです。

機能 ショートカットキー
コピー CTRL + C
切り取り(カット) CTRL + X
貼り付け(ペースト) CTRL + V
すべて選択 CTRL + A
直前の動作にもどる(アンドゥ) CTRL + Z
アンドゥのやり直し(リドゥ) CTRL + Y
デスクトップを表示する Windows ロゴ キー + D
すべてのウィンドウを最小化 Windows ロゴ キー + M
最小化したウィンドウをも復元 Windows ロゴ キー + Shift + M

Macで使える主なショートカットキーは以下のとおりです。

機能 ショートカットキー
コピー Command + C
切り取り(カット) Command + X
貼り付け(ペースト) Command + V
すべて選択 Command + A
直前の動作にもどる(アンドゥ) Command + Z
操作中のウィンドウを最小化 Command + M

クリップボード管理ソフトで効率的なテキスト入力

クリップボード管理ソフトを用いると、コピーしたテキストの履歴が取れるほか、定型表現を即座に呼び出して入力できます(スニペット機能)。Windows / Macそれぞれにフリーソフトがあるのでご紹介します。